ヒーロー戦記 プロジェクト オリュンポス
−微妙データベース−
−ゲーム仕様−
対応ハード:スーパーファミコン、定価:9600円(税抜)、
ジャンル:RPG、プレイ人数:1人、発売日:1992年11月、開発:ウィンキーソフト、発売;バンプレスト

コンパチヒーローシリーズの1つだが、他のシリーズのように「キャラクターだけを使った原作とはあまり関係無い」作品と異なり、それなりに原作を意識しつつコンパチシリーズとして成立させているのが特徴。
世間的には基本的にそれなりに評判が良いとされているが、ウルトラシリーズのファンからすると、どうにも冷遇されている面が目立つ。
仮面ライダーシリーズとのクロスオーバーでは、ウルトラシリーズのキャラが一方的に下手に見られていたり、序盤はガンダム系とライダー系の敵ばかり登場が続いたりと、どうにも納得できない点が少なくない。
また、原作を意識してはいるもののキャラクターの改編などはかなり多く、原作ネタを盛り込んだ程度である。
否定的なことばかり挙げたがゲームそのものとしてはクソゲーではなく、問題点に目をつぶれれば遊べるゲームであろう。尚、スパロボとの関連性がありゲシュペンストとギリアムのデビュー作でもある。

暫定コンテンツ
ゼウスメンバーデータ「ウルトラ族」
ゼウスメンバーデータ「ガンダム族」
ゼウスメンバーデータ「ライダー族」
ゼウスメンバーデータ「バンプレ族」

怪獣図鑑
MS図鑑
怪人図鑑
アイテム一覧

フィールドマップ