スーパー特撮大戦2001

UCMA
キタクラ班長
サワ隊長
オオムラ隊員
カツベ隊員
ヒラタ隊員
ヤナギヤ隊員
アマモト隊員
アンドウ隊員
ウシオ隊員
マナカ隊員
UCMA支援兵器
89式装甲車
90式主力戦車
75式自走砲
87式高速機関砲
01式二連ビーム砲
F−2
F−15J2
CH−47輸送ヘリコプター
AH−1S戦闘ヘリコプター
特殊攻撃機 槌雷
特殊戦闘機 天槍


UCMA警備班・特殊部隊班

キタクラ班長
ユニットステータス
HP:50EN:170身体強化:成長武器強化:改良
耐久性:17運動力:56移動力:陸6サイズ:S
地形適応
空:A陸:A海:B宇:E
魔:E幻:E不:E
キャラクターステータス
キタクラ班長
直接攻撃力:93間接攻撃力:99命中率:97回避力:98
入手資金:入手資材:入手経験値:技量:90
地形適応
空:A陸:A海:B宇:A
魔:E幻:E不:E
特徴(特殊能力)
支援部隊制圧可能。
登場シナリオ
 
プロフィール
登場作品:バンプレストオリジナル

フルネームはキタクラ・マヤ(北倉 麻耶)。UCMA特殊部隊班長。
若年ながら卓越したセンスと信頼感で特殊部隊・警備班の班長として抜擢された。
父は旧TDFの参謀を勤めていたが、15年前のNAAGER遭難事件で引責辞任し、その後は不遇な死を遂げたとされている。


ゲームオリジナルの防衛隊・UCMAの女性隊員。
オリジナルヒロインに次いで強制出撃の機会が多めで回復能力を持つ。
彼女だけ固有グラフィックであるだけでなく、サワ隊長を含めた他の9人と比べて運動力、命中率、回避率が高いため、唯一使い勝手が良い。命中・回避に関わるステータスがUCMA10人中最高であるのは非常に大きい。
こともあろうに、あれだけえらそうなサワ隊長よりも性能が良いという不思議。
固有グラフィックで性能も優秀と、露骨に優遇されているのが丸出しというのはどうかと思うが・・・。

また敗北条件に彼女が倒される条件のシナリオもあり、ぞんざいに扱えない。
武器の性能は10人全員同じなので改良する価値はあまりない。回復で経験値も入るし、必要なら支援兵器のほうに資金・資材を回したほうがいいだろう。

UCMA隊員たちは、大鉄人17のレッドマフラー隊の役割も行うため、大鉄人17の佐原 千恵のポジションそのままである。
無理にオリジナルにする必要があるとは思えないのだが。
武器・技名種別対象威力命中クリ射程弾数EN
回復回復用Sサイズ0〜1
成長タイプ属性必要気力
武器・技名種別対象威力命中クリ射程弾数EN
銃剣直接攻撃Sサイズ22±0±0
成長タイプ属性必要気力
武器・技名種別対象威力命中クリ射程弾数EN
5.56mm機関銃間接攻撃Sサイズ30+5±01〜410
成長タイプ属性必要気力
光線、気力ダウン
武器・技名種別対象威力命中クリ射程弾数EN
対怪獣ミサイル間接攻撃Lサイズ920−5±01〜5
成長タイプ属性必要気力
光線、気力ダウン

サワ隊長
ユニットステータス
HP:57EN:180身体強化:成長武器強化:改良
耐久性:20運動力:47移動力:陸6サイズ:S
地形適応
空:A陸:A海:B宇:E
魔:E幻:E不:E
キャラクターステータス
サワ隊長
直接攻撃力:98間接攻撃力:94命中率:94回避力:90
入手資金:入手資材:入手経験値:技量:91
地形適応
空:A陸:A海:B宇:A
魔:E幻:E不:E
特徴(特殊能力)
支援部隊制圧可能。
登場シナリオ
 
プロフィール
登場作品:バンプレストオリジナル

フルネームはサワ・ケンジ。UCMA特殊部隊隊長。
耐久性と運動力に秀でた、直接攻撃のスペシャリスト。
旧TDFの長官を父に持ち、厳格な家庭で育ったらしく、自らにも他人にも容赦しない厳しい性格である。


ゲームオリジナルの防衛隊・UCMAの部隊長。
やたらと他人に対して厳しくえらそうな態度ばかり目立つのだが、そのくせ戦闘中のグラフィックは一般隊員と同じで、ユニット性能・キャラステータスも一般隊員とほとんど差が無いという無能。
しかも前述の通り、態度の悪さしか印象に残らず、説得力のある描写なども無いため、無能で態度の悪い嫌な上司にしか見えないキャラとなっている。
強制出撃の時はAH−15戦闘ヘリに乗る。
耐久性こそ図鑑の説明どおり、UCMA隊員中、アマモト隊員、アンドウ隊員と共に最も高いが、運動力は低い(ワースト3位タイ)。あまつさえ命中・回避はキタクラ班長の足元にも及ばないほど低い。
直接攻撃力もアンドウ隊員に次ぐ2位だが、AH−15戦闘ヘリに乗っていることが多いので無意味。
またワンセブン離脱シナリオである75で離脱する。こんなのに愛着を持つ人もいないだろうが、一切育てないほうが良い。

UCMA隊員たちは、大鉄人17のレッドマフラー隊の役割も行うため、大鉄人17の剣持隊長の出番も兼任しているんのだが、剣持隊長の嫌な面しかシナリオに無いのでそういう意味ではオリジナルキャラという人身御供ともいえる。
武器・技名種別対象威力命中クリ射程弾数EN
銃剣直接攻撃Sサイズ22±0±0
成長タイプ属性必要気力
武器・技名種別対象威力命中クリ射程弾数EN
5.56mm機関銃間接攻撃Sサイズ30+5±01〜410
成長タイプ属性必要気力
光線、気力ダウン
武器・技名種別対象威力命中クリ射程弾数EN
対怪獣ミサイル間接攻撃Lサイズ920−5±01〜5
成長タイプ属性必要気力
光線、気力ダウン

アマモト隊員
ユニットステータス
HP:52EN:160身体強化:成長武器強化:改良
耐久性:20運動力:48移動力:陸6サイズ:S
地形適応
空:A陸:A海:B宇:E
魔:E幻:E不:E
キャラクターステータス
アマモト隊員
直接攻撃力:95間接攻撃力:99命中率:93回避力:91
入手資金:入手資材:入手経験値:技量:83
地形適応
空:A陸:A海:B宇:A
魔:E幻:E不:E
特徴(特殊能力)
支援部隊制圧可能。
登場シナリオ
 
プロフィール
登場作品:バンプレストオリジナル

・・・

ゲームオリジナルの防衛隊・UCMAの隊員。
武器・技名種別対象威力命中クリ射程弾数EN
銃剣直接攻撃Sサイズ22±0±0
成長タイプ属性必要気力
武器・技名種別対象威力命中クリ射程弾数EN
5.56mm機関銃間接攻撃Sサイズ30+5±01〜410
成長タイプ属性必要気力
光線、気力ダウン
武器・技名種別対象威力命中クリ射程弾数EN
対怪獣ミサイル間接攻撃Lサイズ920−5±01〜5
成長タイプ属性必要気力
光線、気力ダウン


支援兵器

90式主力戦車
ユニットステータス
HP:220EN:150身体強化:改良武器強化:改良
耐久性:35運動力:43移動力:地6サイズ:S
地形適応
空:B陸:A海:D宇:E
魔:E幻:E不:E
特徴(特殊能力)
操縦UCMAのユニットが操縦可能。
登場シナリオ
--
プロフィール
登場作品:現用兵器

・・・

・・・
武器・技名種別対象威力命中クリ射程弾数EN
7.62mm機銃間接攻撃Sサイズ31±0+51〜410
成長タイプ属性必要気力
実弾
武器・技名種別対象威力命中クリ射程弾数EN
120mm滑空砲間接攻撃Lサイズ920+5+51〜5
成長タイプ属性必要気力
実弾

01式二連ビーム砲
ユニットステータス
HP:210EN:180身体強化:改良武器強化:改良
耐久性:29運動力:39移動力:地6サイズ:S
地形適応
空:B陸:A海:D宇:E
魔:E幻:E不:E
特徴(特殊能力)
操縦UCMAのユニットが操縦可能。
登場シナリオ
--
プロフィール
登場作品:バンプレストオリジナル

防衛軍の科学陣が総力を挙げて開発した対怪獣・ロボット用ビーム兵器。
中性子ビームによる熱効果で目標を焼く。
2連砲塔は同一の目標を指向し、交互断続的に照射することにより力学的破壊も可能。
主砲の他に対空射撃ができるようにビーム砲も装備している。


明らかに東宝怪獣映画に登場するメーサー戦車をイメージしたゲームオリジナルの超兵器。
素直に怪獣映画も参戦させておけばいいのに・・・。

ユニット性能は90式主力戦車より低く、人間大ユニットに対する攻撃ができないため、使い勝手が非常に悪い。
さらに武器の威力も巨大ユニット用のものしか無いと考えるとイマイチで燃費も悪く、こんなユニットに資金・資材を使うのなら、素直にロボたちに回してあげるべきだろう。

開発するだけでも資金・資材を使うわ、さらに生産・改良に資金・資材を使うと考えると、とてもこんなものを改良している余裕は無いと思われる。 残念ながら開発自体しなくて良いだろう。
武器・技名種別対象威力命中クリ射程弾数EN
対空レーザー砲間接攻撃Lサイズ1120+5±01〜520
成長タイプ属性必要気力
光線
武器・技名種別対象威力命中クリ射程弾数EN
連装粒子ビーム間接攻撃Lサイズ1400+5+51〜540
成長タイプ属性必要気力
光線、気力ダウン

F−2
ユニットステータス
HP:920EN:160身体強化:改良武器強化:改良
耐久性:650運動力:58移動力:空8サイズ:L
地形適応
空:A陸:B海:C宇:E
魔:E幻:E不:E
特徴(特殊能力)
操縦UCMAのユニットが操縦可能。
登場シナリオ
--
プロフィール
登場作品:現用兵器

・・・

・・・
武器・技名種別対象威力命中クリ射程弾数EN
20mm機関砲間接攻撃Lサイズ940+5±01〜410
成長タイプ属性必要気力
実弾
武器・技名種別対象威力命中クリ射程弾数EN
ミサイル間接攻撃Lサイズ1120+5+51〜5
成長タイプ属性必要気力
実弾
武器・技名種別対象威力命中クリ射程弾数EN
爆弾間接攻撃Lサイズ1200−5+5
成長タイプ属性必要気力
実弾、気力ダウン

F−15J2
ユニットステータス
HP:950EN:160身体強化:改良武器強化:改良
耐久性:720運動力:63移動力:空8サイズ:L
地形適応
空:A陸:B海:C宇:E
魔:E幻:E不:E
特徴(特殊能力)
操縦UCMAのユニットが操縦可能。
登場シナリオ
--
プロフィール
全長:19.4m、最大速度:マッハ2、乗員:2名
登場作品:現用兵器(バンプレストオリジナル)

F−15Jの後継として防衛軍が使用している高機動要撃戦闘機。
機体前面にあるカナードPYBBNによって高度な機動戦闘を可能にしている。


同じ実在兵器の戦闘機であるF−2より全体的に性能が少し高い。ミサイルの弾数だけ少し劣る。

実は最大火力はUCMAの航空機最大で、爆弾の威力は特殊攻撃機槌雷のドリルをも上回っている。
特殊攻撃機槌雷と同等クラスの性能はあるので、改良すれば見劣りしない活躍が出来るかもしれない。が、開発・生産・改良と資金&資材ばかりくうため使いにくく、よほどのモノ好きでも無い限り使っていられないだろう。
こんなのに回す資金・資材があるなら、ゲームをクリアするためにも、メインとなるヒーローたちに回すべきである。
武器・技名種別対象威力命中クリ射程弾数EN
20mm機関砲間接攻撃Lサイズ1020+5±01〜410
成長タイプ属性必要気力
実弾
武器・技名種別対象威力命中クリ射程弾数EN
ミサイル間接攻撃Lサイズ1260+10+101〜5
成長タイプ属性必要気力
実弾
武器・技名種別対象威力命中クリ射程弾数EN
爆弾間接攻撃Lサイズ1340−5+5
成長タイプ属性必要気力
実弾、気力ダウン

特殊攻撃機 槌雷ついらい
ユニットステータス
HP:1000EN:170身体強化:改良武器強化:改良
耐久性:720運動力:63移動力:空8サイズ:L
地形適応
空:A陸:A海:C宇:E
魔:E幻:E不:E
特徴(特殊能力)
操縦UCMAのユニットが操縦可能。
登場シナリオ
--
プロフィール
全長:30.74m、最大速度:マッハ3.2、乗員:1名
登場作品:バンプレストオリジナル

科学特捜隊のイデ隊員を博士として研究に専念させ、研究グループ参加によって開発可能となる、対怪獣・ロボット専用の重攻撃機。
新合金を使用した再利用可能な超硬質ドリルを機体から撃ち出し、巨大な怪獣やロボットに対して力学的な打撃を与える。


ゲームオリジナルの超兵器。イデ隊員を博士にした場合のみ開発できる。
イデ博士の条件は共通ルートのシナリオ68の選択肢だけなので、イデ隊員のファン以外は特に悩むことはない。

しかし、共通ルートで開発可能なせいかあまり強力なユニットではない。
ユニット性能は他のUCMAの戦闘機より少し高い程度で、間接攻撃武器の重粒子砲が他の戦闘機の間接攻撃武器と比較して威力が低めで、弾数も6発しかない。
ホーミングドリルアタックはUCMAの戦闘機では2位の威力を誇り、移動後に最大3マスまで攻撃可能だが、消費ENが少し多く接近するリスクがあるため、使いやすくはない。

ただでさえ、ゲームオリジナルのUCMA部隊の兵器は性能が低めなのに、開発・生産・改良と資金&資材ばかりくうため使いにくく、よほどのモノ好きでも無い限り使っていられないのが大問題。

この特殊攻撃機槌雷も、潤沢な資金&資材がある前提ならある程度使い物になるのだが。見かけは真紅のボディが格好いい。
武器・技名種別対象威力命中クリ射程弾数EN
重粒子砲間接攻撃Lサイズ1100+5+51〜5
成長タイプ属性必要気力
光線、気力ダウン
武器・技名種別対象威力命中クリ射程弾数EN
ホーミングドリルアタック直接攻撃Lサイズ1300+10+101〜330
成長タイプ属性必要気力

CH−47輸送ヘリコプター
ユニットステータス
HP:650EN:140身体強化:改良武器強化:改良
耐久性:500運動力:50移動力:空8サイズ:L
地形適応
空:A陸:B海:C宇:E
魔:E幻:E不:E
特徴(特殊能力)
操縦UCMAのユニットが操縦可能。
格納Sサイズユニット4体を搭乗させられる。
登場シナリオ
--
プロフィール
全長:30.18m、巡航速度:250km
登場作品:現用兵器

タンデムローターの全天候型輸送ヘリコプター。
各種環境での柔軟な運用能力と作戦環境下での高い生存性を誇り、人員では最大55名を運ぶことができる。


完全な輸送専用ユニットで武器は無い。が、飛行ユニットであるという点が重要で、パイロットと別に4体のユニットを乗せられるので使い勝手が良い。特にワンセブンの足かせになりやすい三郎少年を乗せるためにうってつけだろう。
武器・技名種別対象威力命中クリ射程弾数EN
         
成長タイプ属性必要気力
          


TOPへ